広島県立美術館

トップぺージ > 所蔵作品展 > リニューアル・オープン20周年記念「平成27年度新収蔵品ご紹介!」

  • 開催中の所蔵作品展
  • 今後の所蔵作品展
  • 過去の所蔵作品展
  • 館蔵品検索

所蔵作品展

リニューアル・オープン20周年記念「平成27年度新収蔵品ご紹介!」

イベント画像

20th Anniversary Renewal Open: Works Acquired in 2015

2016年12月22日(木) ~2017年4月16日(日) 開催中
展示室:第3室第4室
昨年度、新たに当館コレクションに加わった作品をご紹介します。
作品画像:舩木倭帆 《垂描文鉢》 吹きガラス

本展では昨年度、新たに収集した作品をお披露目します。
 ご寄贈・ご寄託していただいた作品は、彫塑・日本洋画・日本画・工芸の各分野にわたり、13作家49作品に及びます。彫塑では、郷土ゆかりの中谷翫古、上田直次の作品に加えて、ユニークな動物表現で人気の高い三沢厚彦の木彫が並びます。日本洋画には、石川寅治、吉田 卓に、機関士画家として親しまれた太田 忠の油彩画。日本画は、幕末・明治期に活動した名草逸峰と熊谷直彦、さらに工芸では、六角紫水、高中惣六、石井磬堂の漆芸のほか、実用の美を追求した舩木倭帆のガラスがコレクションに新風を吹き込んでいます。また、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)の山本 晃による金工作品にも注目です。
 新たな仲間たちの、個性あふれる造形美をお楽しみください。


概要

会期:平成28年12月22日(木)~4月16日(日) 9:00~17:00
※3月31日までの金曜日は19:00まで開館、それ以降の金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室
休館日:月曜日
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く
※12/26~1/1は休館

入館料:一般 510円(410円)、大学生 310円(250円)、高校生以下無料
縮景園との共通券:一般 610円、大学生350円
※ ( )内は前売り・団体20名以上
※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※特別展入館券で本展もご覧いただけます。

同時開催の特別展
第5回広島県ジュニア美術展(12月16日~12月25日)

彫金家 清水南山 -広島が生んだ近代金工の巨匠(1月6日~2月12日)

第63回日本伝統工芸展(2月23日~3月12日)

目録

出品目録(日本語)ダウンロードはこちらから(PDF:232KB)
出品目録(英語)ダウンロードはこちらから(PDF:158KB)

主な出品作品


石川寅治 《風景》
1918(大正7)年、油彩・画布


吉田 卓 《裸婦》
1926頃(大正15頃)、油彩・画布



熊谷直彦 《十二ヶ月山水図》
絹本彩色・押絵貼

舩木倭帆 《垂描文鉢》
吹きガラス

 

関連イベント

友の会ボランティアガイド

当館友の会ボランティアガイドが所蔵作品展についてわかりやすく解説します。
日時:平日14:00~/土日祝11:00~、14:00~(1時間程度)
場所:2階展示室
参加料:無料
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要
※12/26~1/4は休み。3/4は14:00の回のみ休み

開催クレジット

主催:広島県立美術館、乃村工藝社・イズミテクノ美術館活性化共同事業体

報道関係の方へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。
プレスリリース[PDF:562KB](ダウンロードはこちらから)




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ